劣化の確認は大事

下の写真は、先日着工した浴室リフォーム解体時の写真です。

中間検査に劣化状態を確認

写真のように、浴室ですが壁はブロックなどではなく、土台が見えるように木組みとなっています。通常浴槽が接していた壁面を解体してみると、土台や柱がしみ込んだ水によってかなり腐朽している状態が一般的です。

しかしながら、このお宅では若干の腐朽は見られるものの、ほとんど浴室の水による傷みは見られませんでした。

やはり、浴室を使用も水がしみ込まないように気を付けられ、使用後は十分に乾かして使っておられたことが分かります。

このように、劣化状態を確認するためには仕上げを撤去し、木部の劣化を確認しなければ補修もできないことが分かります。

コストや工期の事もあるとは思いますが、安易に浴室の仕上げを解体せずにリフォームを行うことは危険です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする