屋根カラーベストカバー工法で改修・大竹市

20年前に大規模改修を行った際に施工したカラーベスト

5年前、太陽光パネル設置の際に上塗りの塗装を行っていました。

この度、外壁の塗装を行うので屋根に上がってみると、いたるところでカラーベストの表面が剥離しており、上塗りの塗装ができる状態ではなくなっていました。

不審に思い調べてみると、ニチハ製のパミールと言うカラーベストで全国的に同様の不具合が多発していて、かなり問題化していることが分かりました。とは言え、施工してから20年経過しているのですからメーカーに言う訳にも行かないので、改修することとしました。

検討の末、ガルバニウム鋼板でのカバー工法で行うこととしました。

カラーベストの劣化状況はこのような状況

施工の方法は、まず太陽光を固定していたビスの穴を塞ぐなどの下処置

そして既存のカラーベストの上に粘着性のルーフィングを貼ります。

このルーフィングの上にガルバニウム鋼板を施工します。

ガルバニウム鋼板のメリットは、まず金属板ですので軽量であるの耐震性に寄与し、かつガルバニウムが耐候性に優れていることです。欠点を言えば塩害に弱いこととで、焼瓦のようにメンテナンスフリーではありません。(まあ、焼瓦も漆喰の劣化がありますのでメンテナンスフリーとも言いにくいのですが)

今回は、断熱材付の横張りを施工しました。

そして、完成後の外観は

屋根塗装の依頼を良く受けますが、今回のカラーベストであったり、セメント系の瓦などは塗装できないケースもありますので、事前の確認がポイントとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする