趣味のオーディオを思う存分楽しみたい・広島市中区

今回の施工事例は、趣味のオーディオを十分に楽しめる防音ルームへのリフォームです。新しく中古住宅を買われたことに併せて、ご主人の趣味を楽しめる部屋を作りたいとのことで施工させていただきました。

今回の防音グレードは40dB低減するスタンダード防音と言われるレベルです。具体的には、ピアノを弾いたり、カラオケを楽しんだりする部屋に最適なレベルです。ピアノの音が他部屋では小さな声ぐらいになります。

建物は木造2階建ての2階の洋間をリフォームしています。

床は、既存のフローリングの上に吸音ウール(下の写真)12mmの合板その上に遮音マット・フローリングを施工します。

壁は、吸音ウールの上に石膏ボードを貼り、その上に遮音パネル・オトカベを貼りクロスで仕上げます。

天井もほぼ同様に施工します。

そして完成が

天井材は吸音性の高い部材を中心部に使用し、換気扇も防音用の熱交換型を採用しています。

入口の戸は防音用のドアで、カラオケルームなどで使われているタイプです。

壁や、天井の隅にあるものはご主人が音響を調整するためにつけたものです。

奥様に防音の効果を聞いたところ、一階に居ると小さなテレビの音程度に聞こえるとのこと。

ご主人は大満足と聞き、喜んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする