外壁改修に併せて耐震補強

今回ご紹介する現場は、築40年余りの木造住宅です。
昭和56年以前に建てられた建物ですので、新耐震基準に適合していないため耐震診断及び耐震補強工事の補助金対象となります。
外壁のモルタルが劣化し、クラックや剥離がおこっているので外壁を改修したいとの相談を受けました。外壁のモルタル全て除去して改修を行うのであれば、外壁面からの耐震補強が行えますので、まずは補助金を受けて耐震診断を行い、併せて外壁面からの耐震補強計画を立ててみました。
現状
現況の診断では評点が0.24と大きく1.0を下回る危険な状態です。
そこで、補強計画に基づいた評点は
補強
残念ながら、外壁面からだけでは評点を1.0まで上げることはできませんが、0.8程度まで上げることができますので、段階的補強工事として補助金を受けて改修工事を行うこととなりました。
まずは現況写真
着工前1
着工前3

これから足場を仮設し、外壁を撤去します
足場仮設
解体4
解体2
解体してみると写真のように、既存の筋交いが現れます。施主様から拝借した図面と実際はかなり違っており、改めて補強計画のやり直しです。
さらに、シロアリによる蟻害も確認することができました。
さて、補強の方法ですが補強計画により
①X方向の壁量が不足しているため、広縁の開口の一部を耐力壁にする
②柱頭柱脚をN値計算による金物で補強(N値とは地震による柱にかかる引き抜き力のこと)
③外壁を構造用合板を貼ることによる補強
④筋交を所定の金物で補強
まずは①
下倉1-1
写真のように、耐力壁とした部位は広縁大引き下に基礎を作り筋違を取り付けました。
②柱頭柱脚のN値計算による金物補強は
下倉邸補強計画(施工後)
計画図に表記があるように、N値に応じて「い」~「ち」までの金物で補強を行います。
私用する金物は、以下の物で
柱3-3柱2-2柱1-1
施工は、下の写真のように柱頭部分は柱と桁。
柱脚部分は土台と柱を金物で固定します。
49上-149下-138上-138下-1
金物による固定が終わりましたら、構造用合板を貼ります。
この構造用合板の貼り方にも仕様が決まっており、所定の釘(N50)釘の間隔@150で施工しています。
構造用合板施工状況1-1
以上のような施工で耐震補強工事を行いました。
仕上げは、構造用合板の上から窯業系無塗装サイディングを貼り、塗装をして仕上げています。
仕上がりからは耐震補強したことは分かりませんが、地震に対する強度は0.24⇒0.79へと大幅に改善されています。
IMG_8830IMG_8822
お施主様とも、次回の水回りを中心としたリフォームに併せて内部から耐震補強を行い評点を1.0以上にする計画と話をしています。

鉄筋コンクリートの劣化補修

築50年ほどの鉄筋コンクリート住宅
経年によりコンクリートが中性化しコンクリート内の鉄筋が腐食し始めます。
すると鉄筋が膨張し、その力でコンクリートにひび割れが起こります。このひび割れから雨水などが浸入することで腐食が促進し、コンクリートが浮き剥離へと進みます。
このY様宅もこれまでにクラック補修などしてきましたが、パラペット部でコンクリートの剥離が起こったので抜本的な補修を行うこととなりました。
IMG_8194
補修方法は”リフリート工法”と言う方法で、
1.劣化部のコンクリートをハツリ撤去
2.鉄筋をケレンし、錆を落とす
3.劣化した鉄筋を補強
4.アルカリ回復剤を塗布し、中性化を戻す
5.塩害防除剤を塗布し塩害による劣化を防ぐ
6.専用のモルタルで補修し仕上げる
順を追ってご紹介します。
まず、劣化部のコンクリートをハツリ、鉄筋を露出させます。
ハツリ1ハツリ2
劣化した鉄筋を撤去し、補強
鉄筋補強
鉄筋ケレンの後、アルカリ回復剤を塗布
塩害防除剤塗布
塩害防除剤を塗布
中性化剤塗布
専用のモルタルで補修
モルタル補修
仕上げ
表面調整表面仕上げ
以上の工程で鉄筋コンクリートの劣化補修を行いました。
見ていただいたのは、劣化の激しい部分の補修ですが、ひび割れ等はUカットを行い中性化剤等を塗布して補修しています。
この補修工事によって劣化を抑え、安心して暮らせる住まいへと再生です。
最終的には、外壁の塗装も行っています。

リフォームに併せて、断熱と耐震改修

今回の現場はLDKリフォーム工事です。
築40年のお宅で、地盤が盛土のため地盤沈下により基礎にひび割れが生じており、今回のリフォームでは施工範囲での耐震補強と基礎のクラック補修並びに、断熱改修を行いました。
耐震に関しては、部分的な補強のため評点を1.0以上にすることはできませんが、全体の耐震診断を基に、施工範囲での補強を行っています。
断熱改修も、等級3レベルでの断熱改修を行いました。
着工前 LDK内観です
IMG_0285
IMG_0288
解体後 N値計算に基づいて柱頭柱脚を金物補強を行っています。
図面に柱頭柱脚の金物仕様及び構造用合板施工部位を表示しています
菊田邸
IMG_7863
IMG_7864
壁においては、構造用合板にて補強
IMG_1225
基礎クラックの補修状況
IMG_1568
補修ヵ所のモルタルを撤去し、クラックに注入材を入れるEZクリックを取り付け
パテでクラックを密封後、補修材を注入する
補修材が固まったらEZクリックを撤去し、モルタルで補修し仕上げる
IMG_1577
床下側からも同様に行う
IMGP9357
断熱改修状況
床は硬質ウレタンフォーム厚み40mm
壁・天井は袋入りグラスウール16K厚み100mm
壁面は土台から桁までの間を断熱材の端を間柱等にしっかりと隙間なく施工します。
また、床と壁の取り合い部においては床下からの空気が壁面に入ることの無いように気流止めを行います。
掃出しのサッシは複層ガラスの仕様に入れ替えています。
IMG_1241IMG_1140
以上のような施工を行い完成です。
DSC_0643DSC_0677

補助金を利用しての耐震改修工事

広島市の耐震改修補助金を利用して工事を行った現場を紹介します。
きっかけは、廿日市店のある宮園市民センターで毎月行っている「生き生き学級」と言う講座を年に一度弊社が担当させていただいており、そこで耐震改修をテーマに話をさせていただいたことがきっかけです。
この話を聞かれたご主人が、築50年の実家を直そうということでご相談をいただきました。
着工前の状況です。
構造:木造軸組み工法・土塗壁
屋根:瓦
外壁:モルタル刷毛引き塗装仕上げ
現況の耐震診断:1階X方向0.38 Y方向0.72
耐震診断に基づき、鋼製ブレスを4カ所と柱頭柱脚の金物補強を3か所行っています。
すべての個所をご紹介すると大変な写真点数になってしまうので、1カ所に絞ってご紹介いたします。
着工前の状況です。
和室の壁は真壁で、土塗壁の上に綿壁を塗って仕上げています。
P9061196
床下地・天井は残したままで、土壁まで撤去し外壁下地のラス板が見えます。
P9061199
そこに鋼製のブレス(筋違)を取り付けます。
この鋼製ブレスは、床・天井を撤去しなくても横架材に(土台・桁)に施工できるように工夫されており、大工が柱と横架材に取り付けます。
P9071244
この鋼製ブレスには、柱頭柱脚を補強する金物もセットされており、併せてそれぞに補強金物を取り付けます。
P9071257
この柱頭柱脚金物は、N値(それぞれの柱の引き抜き力)を計算し、所定の金物を取り付けます。
今回の現場では、内部改装を行わない部位では外壁のモルタルを部分的に撤去し、土台と桁に金物を取り付けています。
P9041141P9041136
このように柱頭柱脚を金物で補強することにより、耐震診断における減点を少なくすることで評点を上げることができます。
鋼製ブレスを施工した壁面はプラスターボードにて下地を施工し、他の壁面同様に珪藻土で仕上げています。
PA121407
外壁も、劣化したモルタル部は撤去塗り替えを行い、全体を塗装して仕上げています。
この耐震補強工事によって、0.38だった評点を1.0以上にすることができ、大地震に対しても倒壊を免れるレベルまで補強することができました。

合併式浄化槽設置工事

合併浄化槽設置工事を設置して、トイレをリフォームした現場です。
まず浄化槽を設置する場所を決め、浄化槽設備士である竹内常務が施工表示板とともに写真に納まっています。この現場は合併浄化槽設置の補助金申請を行いましたので、その工事写真に沿って説明します。
P9131277
設置する浄化槽は7人槽です。
P9131279
掘削を行い、砕石・配筋・コンクリートにて浄化槽を据える基礎を施工します。
P9131292P9131294P9131300__1_P9131306
そして、浄化槽を入れ埋戻しを行い、上部も砕石・配筋・コンクリートにて施工し浄化槽を保護します。これで浄化槽の埋設は完了です。
P9141317__1_P9141321__1_P9251354P9291356PA041369
トイレのリフォームはですが、現状は汲み取りのトイレで、大と小に分かれていましたが、写真のように最新式のタンクレストイレを設置し、室内もクロス仕上げとして明るいトイレになりました。
写真にはありませんが、合併式浄化槽ですから、台所・浴室からの生活排水は全て浄化槽に入れるための排水設備の工事も併せて行っています。
IMG_8958IMG_8954IMG_1513
以上、合併浄化槽工事を紹介いたしました。

電気式床暖房工事施工報告

今回の床暖房工事は、もう一つのブログ「リフォームの現場から」にも掲載した現場です。
奥様が気管支を患われ、空気を暖める暖房機では咳き込んでしまうということで「床暖房」を希望されました。
今回の施工は、奥様の寝室(和室)とDKです。
s669x9999_IMG_8526IMG_8524
和室は弊社が以前断熱改修していましたので、畳を撤去し断熱材下地材を施工しその上に床暖房シート・フローリング(床暖房対応型)を施工しています。
DKは床下に断熱材が施工されていませんので、床下に潜りスタイロフォームを隙間なく下から貼り付け、既存のフローリングの上に床暖房シート・フローリングを施工ています。
写真のように、床下に潜っての施工は結構大変で、新入社員の中谷君が頑張ってくれました。
IMG_7458IMG_7456
奥の和室はフローリングが仕上がり、手前はこれから床暖房シートを敷きます。
IMG_7442
IMG_0354
もちろん、窓等の開口部はペアガラスに取替、窓からの熱が発散するのを防ぎました。
使用した床暖房は弊社が施工性が良いので良く使っているアルシステムの床暖房です。
prineo_price3
床部分の家具等があるところを除き、60%以上床暖房が敷かれています。ですので、素足で歩いても気持ちよく、顔も遠赤外線の効果でポカポカした感じがします。
検査では、赤外線カメラでチェックしてすべてのヒーターが発熱しているか確認しています。
IMG_7821IMG_7820IMG_7819
床暖房は主暖房としては1月のもっとも寒い時期には物足りませんが、タイマーで起床する30分前にセットしておけば快適な朝を迎えられること間違いなしです!
以上、床暖房施工報告でした。

外壁及び屋根葺き替え工事

築25年
外壁はサイディング 屋根はセメント瓦の住宅です。
IMGP5006
当時は、デザインの良いこの平板のセメント瓦がよくつかわれていたようですが、定期的な塗装によるメンテナンスをしないと劣化が進み、塗装もできなくなってしまいます。
IMGP5009
そこでこれからのことを考えメンテナンスフリーの平板瓦に葺き替えることと、外壁の塗を行うこととなりました。
まず、仮設の足場を立て養生シートで近隣に迷惑をかけないようにしっかりと養生を行います。
IMGP5287
既存の屋根瓦及びルーフィングを撤去し、下地板の確認をし防水用ルーフィングを張り替え、谷部の板金工事瓦を固定する桟木を施工
IMGP5290
使用する瓦は、耐風・耐久性能の高いスーパートライです。
IMGP5289
そして葺き終わるとこのように
IMGP5345
IMGP5347
外壁サイディングは継ぎ目や取り合い部の劣化したシーリングを打ちかえます
IMGP5323
今回使用する塗料は、日本ペイントの高耐久塗料パーフェクトトップ
IMGP5357
今年は天候が不順で、想定以上に工期がかかってしまいお客様には随分とご負担をおかけしてしまいましたが、屋根工事と塗装工事ばかりは雨では施工ができないため、私たちも天気には勝てないと職人一同申し訳ないと思いつつ我慢をして、何とか完了し、お客様も、これで私の代は安心じゃねと喜んでいただきました。
IMGP5442IMGP5444

ワンコを通したい!

昨日来店されたN様は、「今あるドアをペットが通れるようにしたい」とお越しになられました。
ご自分でネットで探したら自分でもできそうだと思ったそうですが、建具に明り取りのガラスが下まで入っていて、そう簡単に出来そうにないとのことでお越しになられたとのこと。
早速現場を確認すると、下の写真のような建具
建具屋の前川さんに写真を見せて相談したところ、加工は難しいので作り替えたほうが良いのではと
先程予算を連絡させていただきましたが、これから寒くなるのでペットの出入りは切実な課題となりますね。
IMG_7658

リフォームに併せて段階的な耐震補強

本日進行中の現場は、洋間を改装しているI様の現場です。
I様邸は築37年。
2年前に耐震診断をさせていただき、1階のY方向の評点が0.6でした。
その後、まずキッチンのリフォームで評点を0.8まで上げ、今回の洋間の改修でほぼ1.0まで評点を上げることができました。
今朝、解体が終わり構造と隠ぺい部が見れるとのことで中間検査に行ってきました。
2年前耐震診断の際にも外側からの目視で基礎が健全でしたが、室内面からもクラックを確認することはなく、非常に健全な基礎でした。
床下も高さが十分にあり乾燥状態。
ただ、筋違の脚部が腐食していたので、大工が取り替えるべく外していました。
やはり、構造を露にしてみると柱の位置が一か所想定と異なるものあったりと、解体時にしっかりと構造を確認することを痛感しました。
施工状況は、鋼製束の固定や、柱頭柱脚への金物での補強状況を確認、お客様に状況を報告し、安心していただきました。
このように、今回のI様邸は部位別のリフォームを段階的に行っても、キチンと耐震計画を立てることで評点を上げることができる実例となります。
IMG_7648IMG_7656IMG_7655

お気に入りのキッチン

キャビネット内で漏水していて、キッチンのキャビネットが傷んでしまったためお気に入りのキッチンにリフォームすることになりました。
既存キッチンは下の写真のように、対面型ではありましたが、レンジフードの袖壁があり、開放感を阻害していました。
そこで、フラット型対面キッチンを取り付け、レンジフードの袖壁も撤去して開放的なキッチンへ生まれ変わりました。
このTOTO製のキッチンは、奥様がショールームに行かれてカウンターのデザインが大いに気に入られたとのことです。
16畳のLDKにピッタリと収まった素敵なキッチンです。
IMG_0538IMG_7633IMG_7632