ホーム > 施工事例 > 倒れそうなブロック塀を改修 大竹市K様邸

施工事例

倒れそうなブロック塀を改修

完成2

大竹市K様邸

【大竹市 外構リフォーム施工事例】

一昨年の大阪での地震によるブロック塀の倒壊で小学生が亡くなる事故以来、老朽化したブロック塀の改修の依頼をいただいています。
今回改修させていただいたブロック塀は、擁壁基礎の上に高さ1.2mの化粧ブロックで塀を作っていました。
施工以来40年以上経っており、ひび割れなども多く発生していたので、地震で倒れはしないかと心配されていました。

まずは擁壁から上の化粧ブロックを撤去。

倒壊しにくいようにするために、ブロックを2段積み、その上に軽いアルミフェンスを施工しました。

  • photo2

長いこと仕事をしてきましたが、一般住宅のブロック塀で1.2m以上の場合、この基準に合致している塀はほとんど見ることはありません。

熊本地震の直後に視察に行った時にも、あちこちでブロック塀が倒壊していました。

万が一倒壊したらどうなるかを検討され、今回の施工のように、倒壊しにくい形状にされることをお勧めします。

ブロック塀チェックポイント

所在地
大竹市
施工期間
4日
構造
 
工事費用
60万
建築形態
戸建
築年数
 
リフォーム面積
 
施工箇所
外構

担当者からのコメント

工事・営業担当 中谷 啓太

6段の施工にもかかわらず、控え壁もなく、手で押すだけで動くほど危険なブロック塀でした。
アルミフェンスは、既設擁壁にアンカーで鉄筋を配したブロックに固定しています。

お客様からのコメント

まずはブロック塀の倒壊がなくなって安心しています。
また、フェンスから外が見えるのも安心します。

HOME  |  私たちが大事にしていること  |  住まいるクラブ・サポートクラブ  |  施工事例  |  会社概要  |  お知らせ  |  スタッフ紹介
イベント |  住まいる通信 |  プライバシーポリシー  |  サイトマップ