ホーム > 施工事例 > 劣化した屋根・外壁もきちんとした下処理できれいな外観に 廿日市市M様邸

施工事例

劣化した屋根・外壁もきちんとした下処理できれいな外観に

着工前屋根2

廿日市市M様邸

【廿日市 屋根・外壁リフォーム施工事例】
築30年余りの住宅です。
屋根はカラーベスト・外壁はモルタル塗装仕上げ。
屋根は棟板金に錆が発生しており、カラーベストも表面劣化がかなり進んでいる状況です。

  • photo2
  • photo1
  • photo2
  • photo1
  • photo2
  • photo2

このようにしてクラックを補修することで、クラックの広がりを抑え、雨水の侵入も止め、その内部にある木部の腐朽を防止することができますし、モルタルの剥離も防ぎます。

フードなどの金属部分も錆止め等の下塗りを行います。この後に、塗料をしっかりと付着させるシーラーを塗布し、上塗り塗料である、日本ペイントのパーフェクトトップを2回塗って仕上げとなります。

ラジカル制御技術による、高い対候性がある塗料で、コストと高い性能のバランスの良い塗料として弊社がお勧めしている塗料です。

クラックもしっかりと補修され、伴わせて樋なども塗装することで綺麗な外観となりました。

所在地
廿日市市宮園
施工期間
21日
構造
木造
工事費用
115万円
建築形態
戸建
築年数
28年
リフォーム面積
 
施工箇所
外壁・屋根

担当者からのコメント

工事・営業担当 太田 剛史

屋根は、カラーベストの表面がかなり劣化しており、外壁もあちこちにひび割れが発生し、部分的に欠落している箇所もありました。
事前に屋根に上がり、劣化度をしっかりと確認し、外壁もクラックの大きさなどをよく確認した上で、施工方法を決めたのが工事のポイントです。

お客様からのコメント

今回工事をするにあたり、屋根や外壁を確認したら、思った以上に傷んでいることがわかりました。
家を長持ちさせるためには何とかしなくては、と思い、工事をお願いしました。
きちんとした仕事をしていただけたので、本当に安心しています。

HOME  |  私たちが大事にしていること  |  住まいるクラブ・サポートクラブ  |  施工事例  |  会社概要  |  お知らせ  |  スタッフ紹介
イベント |  住まいる通信 |  プライバシーポリシー  |  サイトマップ