ホーム > 施工事例 > 廃材を出さずに、性能アップ!! 屋根カバー工法 廿日市市M様邸

施工事例

廃材を出さずに、性能アップ!! 屋根カバー工法

着工前屋根2

廿日市市M様邸

【廿日市市 屋根・外壁リフォーム】
今回の施工事例は、屋根材であるカラーベストのリフォームです。
築30年ですので、カラーベストの表面がかなり劣化が進んでいる為、この状況での塗装は難しいと判断し、葺き替えの検討を行いました。
しかしながら、30年前のカラーベストにはアスベストが含まれているため、葺き替えの際のアスベストの飛散による近隣への影響や、その為の養生、そしてアスベストの処理の困難さを考慮すると、現状のカラーベストはそのままにしておいて、その上に施工するカバー工法を採用することにしました。

  • photo2
  • photo1
  • photo2

外観は、大屋根にもマッチした仕上がりとなりました。

この現場では、伴わせて外観の塗装も行っています。この屋根材は30年以上の対候性があるとのことですので、お施主様も安心していただきました。

所在地
廿日市市
施工期間
1ヶ月
構造
木造
工事費用
330万
建築形態
戸建
築年数
30年
リフォーム面積
 
施工箇所
屋根・外壁

担当者からのコメント

営業担当 宮本 靖久

足場を掛けた時でないとできない外部のチェックをしっかりと行い、新築時に未施工だった換気フードの取り付けも行いました。

お客様からのコメント

随分前から、外壁も汚れてきたし、屋根が劣化して見栄えも悪くなってきたので、何とかしなくてはと思っていました。
今回金属の屋根材で、既存の屋根をそのままにして施工されるとのことで、どんな仕上がりになるのか心配しておりましたが、大屋根のデザインにマッチしていてとても喜んでいます。伴わせて、外壁の塗装もできたので安心しています。

HOME  |  私たちが大事にしていること  |  住まいるクラブ・サポートクラブ  |  施工事例  |  会社概要  |  お知らせ  |  スタッフ紹介
イベント |  住まいる通信 |  プライバシーポリシー  |  サイトマップ