ホーム > 施工事例 > 屋根カラーベストカバー工法で改修 大竹市K様邸

施工事例

屋根カラーベストカバー工法で改修

完成2

大竹市K様邸

【大竹市リフォーム事例】
20年前に大規模改修を行った際に施工したカラーベスト。
5年前、太陽光パネル設置の際に上塗りの塗装を行っていました。
この度、外壁の塗装を行うので屋根に上がってみると、いたるところでカラーベストの表面が剥離しており、上塗りの塗装ができる状態ではなくなっていました。
不審に思い調べてみると、ニチハ製のパミールと言うカラーベストで全国的に同様の不具合が多発していて、かなり問題化していることがわかりました。
とは言え、施工してから20年経過しているのですから、メーカーに言う訳にもいかないので、改修することにしました。
検討の末、ガルバニウム鋼板でのカバー工法で行うこととしました。

  • photo2
  • photo1

ガルバニウム鋼板のメリットは、まず金属板ですので、軽量で耐震性に寄与し、かつガルバニウムが対候性に優れていることです。欠点を言えば塩害に弱いことで、焼瓦のようにメンテナンスフリーではありません。(焼瓦も漆喰の劣化があるので、メンテナンスフリーとも言いにくいのですが・・)

今回は、断熱材付きの横張りを施工しました。

屋根塗装の依頼をよく受けますが、今回のカラーベストであったり、セメント系の瓦などは塗装できないケースもありますので、事前の確認がポイントになります。

所在地
大竹市
施工期間
7日
構造
木造
工事費用
180万円
建築形態
戸建
築年数
経年20年
リフォーム面積
205㎡(屋根面積)
施工箇所
屋根

担当者からのコメント

営業担当 河野

ノンアスベストに切替時期のカラーベストで、端部から剥離が発生していました。塗装ができない為、カバー工法をお勧めしました。
下から見るだけでは劣化状況が分からないので、屋根の改修では事前の確認と施工方法の検討が大事です。

お客様からのコメント

外壁の塗装に伴わせて、カラーベストの屋根も塗装予定でしたが、カラーベストの劣化が予想以上に進んでいたので、重量の軽いガルバニウム鋼板で施工してもらい、安心しています。

HOME  |  私たちが大事にしていること  |  住まいるクラブ・サポートクラブ  |  施工事例  |  会社概要  |  お知らせ  |  スタッフ紹介
イベント |  住まいる通信 |  プライバシーポリシー  |  サイトマップ